私と趣味ときままな日常

洗濯物をすぐ片付けるだけで変わったこと

洗濯物を片付けるのって面倒ですよね。

特に溜まり始めると片付けが嫌になってしまいます。

これをどうにかしたいと思ったので私は仕事から帰ってすぐに洗濯物を片付けるようにしました。

これって意外と効果があった行動だったので、今日はその事を書いていこうと思います。

 

f:id:nanalog000:20180709195917j:plain

洗濯物をすぐに片付けるようになったきっかけ

夏は洗濯物がすぐ乾くので、私が帰る時間にはすでに洗濯物は取り込まれています。

量は1mちょっとの物干し2本に端から端までかかる程度です。

私は帰ってきてすぐにダラダラしてしまうのでそれをやめるために、洗濯物を帰ってすぐに片付けるようになりました。

 

 

洗濯物をすぐに片付けるメリット

私は洗濯物を早いうちに片付けることで、5つのメリットを感じています。

部屋がスッキリする

部屋の端に洗濯物が溜まっていると、やはりそこが目立ってしまいます。

早いうちに片付けておくと視界もスッキリ広々と見えます。

部屋がスッキリしているとやっぱり気分が違いますよね。

 

翌日の洗濯が楽

洗濯物を回収→干す→回収したものを片付ける

この両サイドの手間を先に終わらせることで、すぐに干す作業にいけます。

これがしてあるのと無いのでは全然違います。

面倒なことは早めにやっておくと家事もストレス少なくできると思います。

 

次の洗濯ものの準備ができる

うち下のような折りたたみのピンチハンガーを使っています。

下着・靴下をメインに干しサイドを洗濯ネットで隠すように干しています。

なので、必ず洗濯物を回収し終わると洗濯ネットができあがります。

それを持って仕事着どを集めるので、いろんな手間を一回にまとめてすることができます。

 

 

服が散らかりにくくなる

洗濯物主導権が自分にある方が、片付けるのは楽なのかもしれません。

自分で片付けるようになってからは、その場で終わらせるので散らかるタイミングがありません。

誰かにやってもらうと、ここまでしてあるし後でいいかと後回し・・・

それが続いていつの間にか山積みになっていることもよくありました。

今ではそれが減っているのと、服も前ほど散らかってないように思います。

 

他の作業も捗る

洗濯物も片付けたしついでに食器も洗おう

というように、後もう一つ何かするようになっています。

これは自分で自分を褒めたい。笑

 

 

服が片付かないのは任せっきりだったから!?

最後に、服って自分で片付けるようになると意外と散らからないものです。

人任せにしているとついつい楽をしてしまい、溜まってしまいます。

気持ちを入れ替えて、自分で片付けるようにすると服の量や、よく使う服の把握もできます。

このまま行けば服の断捨離もできそうな勢いです。

この習慣は今後も続けていきたいですね。

あなたも一度試してみてはいかがでしょうか。