私と趣味ときままな日常

日記を続ける私の方法

f:id:nanalog000:20170615055839j:plain

 こんばんは、ななしです。

みなさんは、日記を書いていますか?

この記事を読んでいる方の中には、日記を書いている人も多いかもしれませんね。

日記というと続けるのが大変というイメージもあるかと思います。

そんな方に向けて今回は、日記の書き方について書いていこうと思います。

 日記を続けるのが難しい理由

今では日記を書くことも難しくなくなってきたものの、以前は日記なんて3日坊主と言われるくらい続いていませんでした。

日記を続けるのが難しい理由として私は3つの理由がありました。

・1日、間を開けてしまうとモチベーションが下がる

・夜に書いていて途中で寝てしまう

そもそもそんなに書くことが無い

これらの理由について詳しく見ていきましょう。

 

1日、間を開けてしまうとモチベーションが下がる

続けようと思った結果、どこかで1日書くのを忘れてしまうと急にモチベーションが下がってしまうと言うもの。

私も日記の他にも新しく始めたことで、忘れて間が開くと一気にモチベーションが下がるということが多々ありました。

途中からまた書けばいいのにと思うかもしれませんが、本人にとてはそんな簡単に気持ちのリセットができないものなんです。

夜に書いていて途中で寝てしまう

夜の寝る間際になって、そういえばと思い出して書いているとウトウトして集中できないんですよね。そしていつの間にか寝てしまう。

この繰り返しで続かなくなってしまいます。

そもそも書くことが無い

まあこれが続かない一番の理由だと思います。

あるにはあるのかもしれないけど、日記として残すほどの事じゃないしな・・・

そう思って書かずじまいなんてこともよくありました。

 

そんな私でも日記が続くようになった

日記が続かなくなる理由は色々ありますが、それを乗り越えだんだん日記を続けられるようになりました。

日記を続けるには意外と簡単な方法がいくつかありました。

・朝に日記を書く

・思ったことを部分的にノートに記す

・やりたいことを書く

これらを意識して書いていると結構続くようになりました。

 

朝に日記を書く

日記は寝るまでに書く、という小学校の時の習慣にずっと縛られていました。

宿題という名の日記は基本的には寝るまでには書いているものです。

その考えがずっと消えずにいましたが、夜に日記を書き忘れ朝に日記を書いた時意外とこれも良いかもと思えたんです。

そこから、日記は朝書くようなになりました。起きて少し動いた後に書くと頭がスッキリしていい気分転換になります。

思ったことを部分的にノートに書く

これも朝日記を書く時にやっている方法で、前日に良かったことや、面白かったこと、反省したことなどを部分的にノートに書いておきます。これは消せるもので書きましょう。

朝に前日のことを書くので、忘れてしまうこともあります。それを防止する方法でもあります。

感情が動いたできごとを私は単語で残して、それを元に日記を書いています。

少しでもきっかけがあれば感情が動いた出来事って思い出せるんですよね。

買い物・ごはん・〇〇をした。と言った感じで簡単に書き残しておきます。

これを元に書いていると、結構書くことが膨らむのでおすすめです。

やりたいことを書く

この方法は、書くことが無いと言う人におすすめの方法です。

今日はこれをやりたいと言うことをいくつか書くだけ!日記というと少し物足りないかもしれませんが、自分の考えていることの整理ができるので良いと思います。

それに、このやりたいと思ったことができたらそれがまた日記のネタにもなります。

最後に

今回は、日記を続ける方法について私なりの方法をまとめました。

日記を毎日書きたいけど続けられない、そんな悩みを持った人の参考になれば嬉しいです。それでは!