私と趣味ときままな日常

紙に書いてから投稿(書き方編)

【お知らせ】
新しくブログを作りました。
趣味と日常の部屋
こちらでは読み応えをメインに書いていく予定です。
こちらもよろしくおねがいします。

前回書いた記事の詳しい書き方について残しておこうと思ったので

今回は書き方編としてまとめていこうと思います。

 

ちなみに以前の記事はこちらです↓

 

nanalog000.hatenadiary.com

 

 

f:id:nanalog000:20180606162234j:plain

 

 

 

書く時は一行空ける

 

記事を書いている時は必ず一行空けています。

それには下のような意味があります。

 

・書き直しやすい

・読み直しやすい

 

これらについて詳しく見ていきましょう。

 

書き直しやすい

詰めて書いていると書き直しにくくなります。

やっぱりここにこの言葉を入れたかった、そう思った時に詰めて書いていると

直しにくいしどうやって直すか悩む時間が発生します。

一行空けて書いていると、このようなときも直しやすいのでおすすめです。

 

読み直しやすい

一行空けることで読み直すのがかなり楽になります。

こういう時余白の大切さがわかります。

間違いも探しやすくなるので余裕をもって書きましょう。

 

 

ペンで書く

 

ペンとシャーペンで書き比べてみたのですが、おすすめはペンです。

ペンだとはっきり見えるし、手が汚れないので書きやすいですよ。

書いている時消したいと思う場合は、フリクションを使いましょう。

 

見出しに目印をつける

 

読み直した時に、どこに見出しがあるのか分かりやすくするために付けます。

私は、◎印を付けています。

目印をつけると見直しもやりやすくなりますよ。

 

 

最後に

 

今回は書き方編としてまとめていきました。

現在はこのような書き方で私はブログ記事を更新しています。

 

文字を書きながら記事を書くという工程を挟むことで、頭の中でまとめながら書くことができるのでぜひ試してみてください。

書き終わった後、スムーズにブログの更新ができると更新も楽しくなりますよ。

 

新たに書きやすい方法を見つけたら、随時更新するかもしれません。それでは!