私と趣味ときままな日常

株の利確ができないので考え方を変えてみた

株などの取引をしていて思うことがあります。

それは、どの位の含み益で利確をしようかと言うことです。

 

いつも欲張って、もう少し騰ってからと利確を先延ばしにしてしまいます。

そんな時はいつも高値から結構下がったタイミングなんですよね。

そして、あの時利確しておけばと言う後悔に襲われます。

 

今回はそうならないために、最近行っている利確の方法について書いていきます。

 

 

f:id:nanalog000:20170628183444j:plain

 

利確できない原因

原因は先程も書いたように、欲が出てしまうと言うのが大きな一因です。

他には、知識が浅いためタイミングが掴めていないというのもあるでしょう。

含み益って嬉しい半面、こういう部分は悩みの種になってしまいます。

 

利確するためにある決まりを作る

せっかくの利益のチャンスを逃がしていることが多くどうすればいいか考え、ある一つの決まりを作ることにしました。

それは、今月の利確の損益を次月のお小遣いにするという決まりです。

ちなみにマイナスの場合は0円です。

 

仮に今月10万円の利益が出せれば、来月のお小遣いに10万円貰えると言う感じです。

現実味があまりなさそうですがやってみて駄目だったら変えていく方針で、今月はこの決まりで行こうと思います。

 

この方法に変えて利確のハードルが下がった

今までの利確のハードルと言うと、なるべく高く、欲が叶うなら上昇中の一番の高値でと言う感じです。

それができればプロになれそうですよね。そんな現実離れした考えを持っていました。

 

しかし、先程の決まりに変えてからは1000円位の利益でも確定できるようになりました。そうしないと来月の生活に直結するので。

ちなみに、以前の上昇中における利確の最低ラインは5000円くらいでした。

 

今では、利確の敵である欲がだんだんと消えつつあります。

確実に利益が残せる(手数料なども含めて)タイミングで売買するようになって株の取引も前よりスムーズに行えるようになりました。

利確のハードルを下げることで売買のタイミングも前より掴めるようになってきたのかな~と思っています。

 

利益を逃さないために

せっかくの含み益も欲張っていては逃げてしまいます。

そうならないためにも自分なりの取引方法を考えて、売買していくことが大切だと改めて実感しました。