私と趣味ときままな日常

貯金を始める第一歩に通帳の確認を!

こんばんは、ななしです。

みなさんは通帳をどれくらいの頻度でチェックしていますか?

私は記帳に行った時に確認するくらいです。

最近年に100万円貯める方法を調べているのですが、その中で通帳の確認が大切な事がわかりました。

今回は、調べて分かったところとチェックすべきポイントをまとめてみました。

 

f:id:nanalog000:20180608201624p:plain



 

通帳で確認すべきは過去の同じ月と比較すること

 

通帳って言うと最終残高だけ見て今の貯金は○○万円

って感じで確認するくらいにしか使っていませんでした。

しかし、お金を貯めるために本当に確認するべき点は過去の同じ月と比べてどの程度貯金残高が動いているかということのようです。

 

自分の通帳で振り返る

f:id:nanalog000:20180608193114j:plain

最終記帳が5月だったので過去5年間の貯金の動きを付けてみました。

最高で1年に20万の貯金をする余裕があるようですが、貯まっていない年もありますね。

私自身この振り返りはしたことが無かったので、新しい発見ができました。

 

 

貯金を貯める通帳にするにはマメな記帳が第一歩

 

貯金するまでのステップとして、必ずと言っていいほど入っている項目が記帳です。

ついつい面倒で後回しになってしまう記帳ですが、これがとても大切なようです。

 

記帳することで現在通帳にいくら入っているかをきちんと確認できます。

この確認を怠ると、引き落とし分のお金が無くて連絡がきたり、振り込んだと思っていた固定費を払い忘れていたりなど事故が発生します。

 

記帳してない状態って、なぜかまだあるから大丈夫と思っているんですよね。

そう思っている時は意外と危ない時なのかもしれません。

 

 

 通帳を分ける

 

こちらも調べているとよく見かける項目です。

全てを一つにまとめるとごちゃごちゃして確認しづらいですよね。

なので、貯金用と支出用の2種類に分けるというものです。

 

私も実際にやっていますが、貯金用の通帳を分けることで貯まりやすくなります。

絶対にここからは使わないと意識するきっかけになりました。

分けることで、記帳後の確認も前より簡単になりますよ。

 

 

まずはできるところから見直そう

貯金はこまめな確認が大切だということがわかりました。

調べてみるとすぐにでもできそうなこともいくつかあります。

貯金を始めるためにもそれらを後回しにせず、早めに実行したいですね。

とりあえず記帳は早めに行っておこうと思います。それでは!