私と趣味ときままな日常

今の時期のどんぐりの木が好き

こんにちは、ななしです。実家の庭にはどんぐりの木が生えています。

今は2階のベランダからまっすぐ見て、いい感じに見える高さまで育っています。

f:id:nanalog000:20180422170328j:plain

 どんぐりの木を植えて早20年

このどんぐりの木は私が6歳の時に植えました。

きっかけはトトロのどんぐりを植えてあっという間に成長するシーン。

あの真似をして植えた記憶があります。

あっという間には育ちませんでしたが、20年経ち成長を実感しています。

植物の生命力を目の前で見てきてすごいなと思うようになりました。

枯れることなくずっと成長していくってすごいですよね。

どんぐりの木は今の時期が一番好き

葉がつきはじめ梅雨が終わるくらいまでが一番好きな時期です。

葉がきれいに色づききれいで、樹液や落ち葉もな少ないので手入れも楽です。

梅雨を越えると次第に樹液が降ってくるようになります。

私の車の駐車場が木の真下なので、7月から葉が茶色になりどんぐりの実ができる頃までは樹液で毎日洗車しないとベタベタになります。

樹液が降ってくる時期が終わると、次は落ち葉が毎日のように降ってきます。

落ち葉の時期も毎日結構落ちているはずなのに、止めどなく降ってきますからね。一体一本の木に何枚の葉がついているのでしょう。

 

木の状態で季節を感じることができる

どんぐりの木を植えて大きく育つと、木の状態で季節を感じることができます。

春夏秋冬で木の見た目も変わるので、それで季節が変わったなっていうのが分かります。

春は葉がつきはじめ

夏は葉が生い茂り

秋は落ち葉になり

冬は木の部分だけになり

毎年それを繰り返していく

ここまで成長しないと見られない変化ですね。

遠くに木はたくさん生えていますが、家の目の前で見るとまた違った感じに見えます。

 

大きく育つと手入れは大変

どんぐりの木は結構高く育ちます。なので、自分で手入れする場合はかなり大変です。

と言ってもどんぐりの木を植える家ってあるのかは分かりませんが(笑)

自分で手入れする場合は、育ちすぎると切るのがとても大変です。

ちなみに木の手入れは、高所恐怖症の人には難しいですね、結構高めのはしごが無いと上の方の手入れはできません。上に登って下を見ると結構スリルを味わえます。

家の木はかなり大きくなったので、毎年夏には必ず手入れをしています。結構な高さなのでだんだんと道路側に木がしなってくるので、車の邪魔になってしまうんです><

木を切る時は、のこぎりを使っているのですが高い場所で切るのはバランス力が必要です。下手すると落ちるのでね^^;

木も、真っ直ぐで動かない訳ではないので、力の加減で多少しなります。なのでバランスは大切です。

そして、切った木をまとめる作業なども含め、大体2時間くらいで手入れが終わります。

今更ですが、木の手入れの部分だけやたら充実してますね(笑)

 

まあそんな感じで、どんぐりの木のお話でした~。