私と趣味ときままな日常

いるかいらないか迷う服の整理

こんにちは、ななしです。

服の整理をしていると、いるようないらないような。と迷う服がいくつも出てくると思います。

私流、捨てる決断に迷う服の整理方法を書き留めておきます。

 

 いる服を避ける

整理する前に確実に残しておくものを避けておきます。

着る頻度が高い服やお気に入りの服など、絶対に捨てたくないというものは先に分けておくと作業しやすいです。

 

捨てるか迷う服を入れる袋を用意する

捨てるのはもったいないけど、多分着ない。

こういう服って意外と多いものです。

いきなり捨てるのは抵抗がある。という場合もあると思います。

そんな服たちを入れる袋を用意しましょう。

袋のサイズはゴミ袋でもいいし、スーパーの買物袋でも大丈夫です。

迷う服が入り切るサイズにしましょう。

 

着る頻度などに関係なく迷うものを入れていく

どうしようかな。と迷いのある服はとりあえず袋に詰めていきます。

量が多い場合は、上着とスボンで分けるなどするといいでしょう。

袋に詰めていると意外と多いことに気がつくんですよね。

 

袋詰めが終わったらそのまま1週間~2週間放置

私はいきなり捨てるのに抵抗があるので、この状態で約2週間くらい置いておきます。

その期間に何が起きるかと言うと、いる服を思い出してくるんです。

あの服どこだっけ?そういえばあの袋の中だ!と言う風に。

 

思い出したら袋から取り出し元に戻す

思い出すということは何かしら思い出があるからだと私は思うので、そのような服は袋から取り出しいるものとして元に戻します。

こんなことしてたらキリがないのでは?と思いますがそんなにたくさん思い出すと言うことも無いのでそこは大丈夫だと思います。

2週間程度期間を設けたのは、この思い出す期間だと思ってください。

 

2週間経っても袋に入っているものは処分する

これくらいの期間、あれどこだっけ?と思わないものはいらないものだと思っているので私はこのタイミングで処分します。あまり長くおいていても邪魔なので。

この方法だといきなり捨てるより後悔が少ないです。

いらないと思った瞬間に捨てると、やっぱり捨てるんじゃなかったと思うことも多かったので、考える時間は少し必要なんですよね。

 

服の整理は大変だけどたまには必要

衣替えなどのタイミングで服は整理していかないと、知らないうちにたまっていくので整理が大変になります。服の整理に困っている方は良ければ参考にしてみてください。