私と趣味ときままな日常

家計簿をつけ始めて感じた変化5つ

f:id:nanalog000:20170619092527j:plain

こんばんは。今日は久しぶりにパソコンからの更新です。
簡単な家計簿をつけ始めて約6ヶ月が経ちました。
最初はだたレシートを書き写すだけで、そこまでお金の動きを気にしてはいませんでしたが、最近は少し気がつく点を見つけられるようにりました。
今回は、家計簿をつけ始めて感じた変化5つについて書いていこうと思います。

 

 ①一ヶ月のうちで良く使う店が分かった

私は家計簿に日付・買い物した店・使った金額・合計を家計簿にまとめています。

数カ月分まとめると、自分がよく買い物する店が分かってきます。

スーパーで働いていることもあり、勤務先での買い物が多く、服の買い物や遊びに行った時の出費は月に1回~2回と言った感じに、パッと見てお金をよく使う場所が分かるようになりました。

使う頻度や金額が視覚化できたので、浪費を制限できるようになってきました。

 

②チマチマ買いがなくなった

家計簿をつけていると、やるからにはちゃんとつけようと言う気持ちになるので、書くのが面倒になるチマチマ買い(1000円未満の買い物など)が少しずつですが減ってきました。

そのお陰か、買い忘れのありそうなものをメモに書いて出かけるようになりました。

 

③コンビニをあまり使わなくなった

私の勤務先のスーパーの近く(帰り道)にあるコンビニによって帰る機会が多かったのですが、先程も紹介したチマチマ買いがなくなってきたことで、あまり利用しなくなりました。

コンビニに入ったとしても、食品関連はだいたいスーパーで買うほうが安いので、「スーパーで買うほうが安いな」と冷静に判断できるようになりました。

前までは、自分へのご褒美と題していろいろ買っていましたが、最近は月に5回行くか行かないかくらいまで減りました。以前は帰り道には結構寄っていたので、かなりの変化です。

 

④使うときと我慢する時のメリハリが付いた

以前は、少額の日が毎日のように続き友達と遊びに行くときは思いっきり使う、というようなすごいお金の使い方をしていました。そうなると浪費だらけでお金も全然たまりません。

家計簿をつけ始めて4ヶ月くらい経った頃、家計簿を見直していたら仕事帰りの買い物などもまとめてするようになったので、何も買わない日を作ることができるようになっていました。ちょっと欲しいものがあっても、また今度買おうと思うようになりました。

 

⑤家計簿をつけるのが嫌ではなくなった

はじめて、家計簿をつけます!と宣言したのですが、最初は面倒という気持ちが勝って、宣言したにもかかわらず結構つけるのが嫌でした。

しかし、一ヶ月分つけ終わった時謎の達成感を味わうことができ、次はここを直していこうと考えるようになっていました。今では月半ばと月終わりに書いています。

もう少しまめに付けたいですが、無理すると続かないのでぼちぼち実行できたらと考えています。何をするにも、1ヶ月続けるって達成感の味わえることだと思いました。

 

まとめ

家計簿をつけ始めて感じた変化5つ

①一ヶ月のうちで良く使う店が分かった

②チマチマ買いがなくなった

③コンビニをあまり使わなくなった

④使うときと我慢する時のメリハリが付いた

⑤家計簿をつけるのが嫌ではなくなった

これらの変化に気づけたのも、続けてきたからだと思っています。

途中投げにせずきちんと付けることが大切なんですね。