私と趣味ときままな日常

無理のない掃除を進めるため手順

部屋が散らかって、今月こそは掃除を終わらせよう、そう決意をし毎月同じように時間が過ぎる。 そんな毎日を送っている私ですが、やっと無理なく掃除を続けられるようになってきました。

意外と簡単な事で続けられるようになったので、今回はその方法を書き留めておきます。

部屋掃除を無理なく進めて行く手順

ここで書いていく方法は、毎日行うを基本に書いています。一気にではなく少しを毎日続けたい人向けの内容になっています。

1.客観視しながら、気になる場所を書き出す

基本の作業になります。自分の部屋ではなく他人の部屋だと思って見るのがポイントです。 もし、自分が遊びに来たと考えてこの部屋のこの場所は目につくなと言うポイントを書き出していきます。

例:机の上の書類 床の上にあるモノ ぐちゃぐちゃに並んでいる服 積み重なった漫画や本

2.気になる場所を書き出したら、どのように片づけるかを書く

先ほどの例を参考に書くと下のような感じです。

机の上の書類
⇒いるモノいらないモノに分別する・分けたものをファイルなどに片づけ収納する

床の上にあるモノ
⇒服は洗濯に出す・本は本棚に戻す・片付いてきたら掃いてモップをかける

ぐちゃぐちゃに並んでいる服
⇒良く使うものそうでないものを分ける・季節ものを分けきちんと片づける

積み重なった漫画や本
⇒どうしてもいる本・どっちでもいい本・いらない本に仕分ける・サイズを揃えながら片づける

自分ができる範囲で細かく書いていきます。1日にここに書いたうちの1つを必ず行うようにするという事を意識して書き出しましょう。

掃除が苦手な人は、最初のうちは細かく書いて進めて行きましょう。 スムーズにいくようになってきたらだんだん範囲を広げていくようにするのがオススメです。

3.書き出したことを参考に片づけ、済んだら消す

掃除をやり終えたらその項目を線で消しましょう。 何を書いていたかは分かるように消すのがポイントです。

机の上の書類
いるモノいらないモノに分別する・分けたものをファイルなどに片づけ収納する

このような感じで片づけては消しを繰り返しちゃんと掃除を続けているという事を自分の中で意識できるようにするのがポイントです。 意識できるようになってくると、その分モチベーションも上がっていき今日は3か所分くらいはできるかもと思えるようになってきます。

そうすれば掃除のコツもだんだん掴めてきている状態なので無理のない程度に範囲を広げていきましょう。

気を付けるポイント

ここで気を付けないといけないのは、中途半端に終わりそうならやらずに最後までできたところで区切りをつけてその日はそこまでで終わらせることです。

中途半端と言う状態は、モチベーションも下がる原因となるのでまた明日でいいやで終わるのではなく、今日はここまでやり切ったと思って終わる程度の範囲を続けていくようにしましょう。

まとめ

部屋掃除を無理なく進める手順
1.客観視しながら、気になる場所を書き出す
2.気になる場所を書き出したら、どのように片づけるかを書く
3.書き出したことを参考に片づけ、済んだら消す

ポイント
書き出したことを1日1つずつこなしていく。
慣れてきたら、掃除する範囲を広げていく。
中途半端で終わらせない。

少しでも、掃除の参考になればうれしいです!

広告を非表示にする